トップページへ戻る 医師の紹介 今月のトピックス 診療内容 施設概要 ご挨拶 地図



明治42年 4月 溝口 喜六 留学先のドイツより帰国し、
福岡市須崎土手町80番地(現在地)に溝口外科医院開業した。
大正5年   病院に私設看護婦養成所を開設した。
8年   溝口 喜六院長が、福岡県医師会会長に就任する。
昭和3年 4月 溝口 喜六 九州医学専門学校 (現久留米大学) を開設し、 初代理事長に就任する。
20年 6月 空襲により医院焼失する。
21年 4月 溝口 喜六 久留米医科大学初代学長に就任する。
22年 8月 現地に病床数11床にて再開する。
院長 溝口 清 就任する。
27年 8月 医療法人設立し、名称を医療法人溝口外科整形外科医院に変更する。(15床)
理事長 溝口 清、院長 溝口 清 就任する。
35年 12月 理事長 溝口 博、院長 溝口 博 就任する。
37年 病院を改築し、 39床に増床する。
39年 5月 名称を医療法人溝口外科整形外科病院に変更する。
  6月 住所表示 天神4丁目6−25に変わる。
  12月 救急病院を告示する。
45年 4月 溝口 博院長、福岡市医師会会長に就任する。
46年 5月 病院を全面改装し、60床に増床。
小川昭一郎、副院長に就任する。
49年   救急外科病院の指定を受ける。
  12月 消化器科を併科する。
55年 2月 形成外科を併科する。
  6月 溝口病院付属箱崎埠頭診療所を分院として開設する。
(福岡市東区箱崎埠頭1丁目4−11)
院長は岩倉 集が就任する。
58年 1月 本院の改築。手術室増築し、89床に増床した。
60年 1月 院長 小川 昭一郎 就任する。
62年 1月 院長 岩倉 集 就任する。 
箱崎埠頭診療所 院長 吉塚 清 就任する。
平成2年 5月 理学療法科(現リハビリテーション科)を解説する。
4年 10月 CT装置導入する。
5年 3月 箱崎埠頭診療所 院長に溝口 知行 就任する。
8年 7月 麻酔科を併科する。
12月 院長に小島 哲夫 就任する。
13年 10月 理事長 溝口 知行 就任する。
14年 10月 全館増改築。
手術室にクリーンルームを設置し、病院改築屋上に庭園を新設する。
15年 1月 副院長 後藤 健志 就任する。
   7月 X線骨密度測定装置導入する。
18年 4月 常勤医師6人体制となる。
21年 4月 4月1日、明治42年より創立100周年を迎える。
22年 全館耐震補強増改築工事竣工する。
4月 常勤医師7人体制となる。