NEWS & TOPICS

2019-09-11
コラム
手根管症候群

親指がしびれ、物がつまみにくいと感じることはありませんか?


40~50歳代の女性で手のしびれ、つまむ力が落ちる原因の一つとして手根管症候群があります。

手指の使い過ぎなどで腱、周囲組織が腫れ、手首の所で正中神経を圧迫すると生じます。

手をよく使う職業の人や主婦に多くみられ、妊娠中、出産後の女性にもしばしばみられます。



正中神経は母指(親指)、示指(人差し指)、中指、環指(薬指)の感覚をつかさどっており、

手根骨(手の付け根の骨)と屈筋支帯(靭帯成分)で囲まれたトンネルを9本の指を曲げる腱と共に走行しています。

このトンネルの中で圧迫をうけることにより手のしびれ、感覚の低下をおこします。

最初は指先のピリピリしたような感じ、痛み、しびれ感があり、夜間痛のため眠れなくなることもあります。

さらに、進行すると母指球部(親指の付け根の筋肉のふくらみ)の筋肉が痩せ、ボタンかけ等のつまむ動作が難しくなります。



症状が軽いうちは安静、装具固定で治ることが多いですが、効果が乏しい場合は手首に炎症を抑えるステロイド注射を

することがあります。注射治療の効き目が乏しい場合は、手術による治療が必要となります。

特に母指球部の萎縮をきたしている場合は、手術を行っても回復が難しい場合があり、早期に治療することが望ましいです。


前のページへ戻る

〒810-0001 福岡市中央区天神4丁目6番25号

診療科目/
手外科/小児整形外科/膝関節外科/形成外科/麻酔科/放射線科/リハビリテーション科
初診受付時間/
平日 8:45~11:00、14:00~16:00
土曜 8:45~10:00
092-721-5252

休診/日曜・祝日